アトピー性皮膚炎と保湿

アトピーの肌トラブルには、保湿をするのがもっとも重要です。アトピー性皮膚炎が発症している皮膚の角質層は、細胞間脂質の主成分・セラミドがアレルギーのない健康な皮膚よりも減少しています。こうしたアトピー性皮膚炎の水分保持力とバリア機能を保つ効果的な保湿の仕方としては、大きく分けて2種類の方法があります。

まず、皮膚の表面の保護をすることですアトピー性皮膚炎の肌にはより保湿が効果的にできる保湿剤が必要です。皮膚の表面をしっかりと保護してくれる保湿剤としては、白ワセリンです。

クリームタイプこの白ワセリンには、ローションタイプのものやクリームタイプのものと様々です。医療機関の処方以外にも、市販で購入できる保湿剤でも医療機関と同様の効果を得ることが出来るようになっています。

白ワセリンの保湿剤は、皮膚膜のように肌の表面を覆って異物が侵入するのを防ぐ効果や水分が蒸発するのを防ぐことが出来るようになっています。アトピー性皮膚炎のアトピー症状で悩んでいるという人は、こうした肌の保湿をすることが肝心です。肌の保湿ケアをすることで、アトピー症状も緩和されるようになります。アトピー症状といった肌トラブルは、白ワセリンで保湿してみることをお勧めいたします。

他にも、基礎化粧品を塗る前の洗顔で保湿を高めるものがあったり、美容液で保湿ができるものもあります。白ワセリンがお薦めですが、色々な種類をチェックしてみて決めてみてはいかがでしょうか。

≪参考HP≫みんなの肌潤糖_アトピーケア


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です